Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘film’

7/5。この日はウィンブルドンでエピック・バトルがあり、それを見ながら書き綴ってたのだけど、最終的に終わったのは夜中の3時前。翌日から仕事なのに、月曜からあくびしまくりの1週間になった 🙂

でも、今回は「女必殺拳」について書いてみる。そもそもこれを見るきっかけとなったのが、ファミリー劇場でやってた「闘え!ドラゴン」の劇場版4作。倉田保昭主演の同名テレビアクションの劇場版、というよりテレビの26話を4作に分割したような作品で、それぞれ90分ぐらいなのに倉田のアクションが満載なのだ。あの長い足での回し蹴りで敵を次々と倒しまくる姿は爽快で、もっと倉田のアクションを見たいと思い、DISCASで検索。その中で見つけたのがこの「女必殺拳」シリーズだった。
(もっとも、倉田は第1作には出てないんだけど 🙂 )

でも、主演の志保美悦子がどんな女優か全く知らなかった。名前は聞いたことあったけど、今まで邦画には完全に疎かったので、「何かのテレビに出てた人かな」ぐらいにしか思ってなかった。それが、実はアクション・スターだったなんて。。。

JACという千葉真一設立のアクションアカデミー所属でデビューした彼女の主演第1作となったこの作品、オープニング・クレジットから彼女の叫びやヌンチャク・アクションが満載で、いったいどんな映画だろうと思いながら見始めたけど、映画はB級らしくグロい描写が満載。でも、その中で彼女の切れの良いアクションがあり、さらに千葉真一も彼女をしっかりサポートし、結果的になかなか楽しい映画となった。

それにしても、今の時代って全然アクションスターっていないよね。日本だけじゃなくて世界を探してもアクションスターはいなくなったと思う。アクション映画はあっても、CGがメインになってたりとか。自らの肉体を駆使するアクションってのはほとんど無くなってるんじゃないかな?

その辺り、70年代にはアクションスターは多かった。全体的にカネをあまり使わずに撮影してたB級映画が多かったこともあり、アクションも肉体が勝負だった。そんな中、ブルース・リーに代表されるカンフー・ブームが世界的に人気を博していた。もちろん日本でも人気で、タランティーノも崇拝する千葉真一が空手ブームを築いてた。そんな中、女ドラゴン・志保美悦子が現れ、女アクションスターが誕生した。数年にわたりブロマイド売り上げナンバーワンだったそうで、今では考えられないようなスゴい時代だった。

もうこのような映画は今後出てこないだろうって考えるとスゴく残念だけど、それでもDVD等で見れるのはウレシイ限り。「闘え!ドラゴン」も再発してくれないかな〜。

At the end, it was amazing but sad… Still, Roddick can a lot look forward to the US open.
2:50 AM Jul 6th from Tweetie

Now 10-10. Still going strong for both…
1:57 AM Jul 6th from Tweetie

The match doesn’t seem to end… just like last year. 7-7 in the 5th set.
1:42 AM Jul 6th from Tweetie

Can’t go to bed as long as Roddick vs. Federer is on! Great match so far!!
1:17 AM Jul 6th from Tweetie

No way they can be more authentic. RT @USATODAY: Amsterdam exhibit shows digital images of every Rembrandt work http://tinyurl.com/lukul4
11:10 PM Jul 5th from Tweetie

Somehow SafariStand lost “Clip Web Archive with Selection”… Now I can’t find it 😦 Must be a compatibility with Safari 4. Really need it.
11:07 PM Jul 5th from Tweetie

@emidujapon Yes, you should get 3GS if you like your iPod Touch. “Always connected” is something that cannot be experienced with Touch 🙂
10:45 PM Jul 5th from Tweetie in reply to emidujapon

かつて、女ドラゴン・志保美悦子(”女必殺拳”)がアクションスターだった時代があった。それと比べ、今じゃ男女問わずアクションスター不在じゃないかな。DVDで当時を堪能出来るとはいえ、寂しい限り 😦
10:32 PM Jul 5th from Tweetie

So darn windy today! My laundry got almost carried away in the air. Man, hate it… But they should dry out soon, tho.
3:43 PM Jul 5th from Tweetie

Ollie is back… Kinda scary to see him pitch again, but he gotta pitch GOOD. Mets are literally sinking now. http://tinyurl.com/m58y4m
3:24 PM Jul 5th from Tweetie

Again, Manny is back, and Mets lost… But this time, he is back with a blast!
3:10 PM Jul 5th from Tweetie

This last demo got to be heard!!! RT @eonline: Michael Jackson Leaves Behind Two Unfinished Albums http://tinyurl.com/l97eml
1:31 PM Jul 5th from Tweetie

アマゾンに140億円追徴… うまいこと協議して、追徴がなくなる(?)ことで消費者に影響が出ないことを望む 😦 http://tinyurl.com/mproxs
1:26 PM Jul 5th from Tweetie

広告

Read Full Post »

このように昔(?)のエントリーを読んでると、「あ、こんなの書いたっけ??」みたいなのが時々出てくる。一番下のカール・マルデンの死なんか、まさにその一例。意識の中で、マイケルやファラの死に完全にかき消されちゃってたみたい。でも、カール・マルデンはクラシック映画ファンには忘れられない俳優で、マーロン・ブランド主演の「欲望という名の電車」と「波止場」で強い印象を残した。特に、個人的に「波止場」はスゴく好きな映画なので、彼の死で結構寂しい思いをしたな(でもすぐに死んだこと自体は忘れちゃってたわけだけど。。。ニュースを読んだ時はそういう感情だったな、と微かに記憶してる 🙂 )。

最後に、iPhoneの大辞林アプリについて。これは辞書というよりエンターテイメントだ


(iPhone・iPod touch ラボ より)

以下、Twitter messages (Tweets) for 7/2/09 & 7/3/09 –

Damn… Too sleepy tonite. Already past 1am but it’s Friday night 😦 What’s happenin’ to me!!??
1:12 AM Jul 4th from Tweetie

Another dental operation done. Feeling better, but the mouth got brighter with all the silver in it. I am richer now.
7:32 PM Jul 3rd from Tweetie

Aaaagh!!! Got up late!!!! Now heading to work but will be over 30 min late 😦 I’m way tired as this is Friday. Gotta energized by tonite 🙂
8:58 AM Jul 3rd from Tweetie

Playing with it a bit, I found Movie Genie to be definitely better than MovieStar! Pleasing to my eyes & easy to use. Period.
10:40 PM Jul 2nd from Tweetie

Bought Movie Genie iPhone app. Similar to MovieStar, an IMDB client, but it’s actively worked on, unlike MovieStar. Hope it’s a good one!
10:10 PM Jul 2nd from Tweetie

大辞林アプリを買ってしまった。。。勢いで。高いけど、あの操作感はハマりそう 🙂
10:05 PM Jul 2nd from Tweetie

Phew. Wright got icy cold again just after 1 hot night, but the Mets finally won!!! But one zip… still not hitting at all.
9:32 PM Jul 2nd from Tweetie

Train on the way back was half empty… in a rush hour. No complaint, but no explanation. What’s up with that!? 🙂
7:26 PM Jul 2nd from Tweetie

Thinking of the worst… Got scarier RT @AnnCurry: South Korea Defense confirms North Korea fired 2 short range missiles today at 4:20am ET.
7:23 PM Jul 2nd from Tweetie

ブログ更新!海外におけるMMS使用についての考察。(iPhone) http://bit.ly/jyPln
7:15 PM Jul 2nd from Tweetie

iPhone用のメアドを完全にMMSのに移行しちゃうと、海外に行った時に使えなくなる? or メチャクチャ高額になる?無線LANで使えるGmail等のメアドとの併用は必須かも。
8:55 AM Jul 2nd from Tweetie

30 mil/yr is a lot of money, even for a superstar! RT @espn: Kobe Bryant decides not to opt out of contract – http://tinyurl.com/lo87xz
8:43 AM Jul 2nd from Tweetie

RIP On the Waterfront… RT @cnnbrk: Actor Karl Malden dead at 97, manager says. http://bit.ly/116pQm
8:32 AM Jul 2nd from Tweetie

Read Full Post »

この日は1日で18件も書いてた。こんなに???って感じもするけど、昨日は確実にこれ以上書いてたな 🙂 ま、でも6時間寝てたとして、残り18時間で18件だから、1時間で140文字(1分で2文字程度)って考えるとそんなには多くはないかな 😉

。。。それは置いといて、この日のトピックは映画。秋吉久美子の日活青春映画3部作の「赤ちょうちん」を観たことを書いた。この映画は段々内容がヘビーになっていき、イマイチ面白さに欠けるんだけど、それと比べると3作目の「バージンブルース」は中年男が若い女を落とすためにてんやわんやするところが面白くて、その中年男を長門裕之が演じるのも見物だった。もちろん、不思議な存在感漂う秋吉も必見だ。

それにしても、60、70年代の映画はスゴく好きだ。何と言っても自由さがあり、それは映画的な作りの自由さでもあるし、描かれる内容の自由さでもある。俗にいうconventionというものを破り、何か新しいものを作り出そうとする創造意欲。「気狂いピエロ」しかり、「イージー・ライダー」しかり、「バニシング・ポイント」しかり。日本映画でも、そのうちブログに出てくるであろう「女必殺拳」しかり(?)。映画が「CG」ではなく「映画」であった時代。そんな時代への憧れが強い。

WOW, the maximum sentence! But he deserves it. RT @AnnCurry: Madoff was just sentenced to 150 years. Applause in courtroom.
12:43 AM Jun 30th from Tweetie

Getting closer to the bed time. It’s raining out there now, and it gets a lot colder tomorrow morning… Hate this rainy season 😦
12:36 AM Jun 30th from Tweetie

I love movies from 60’s & 70’s, w/ cinematic freedom! They didn’t spend much money on the making, but they have the soul & vision.
12:25 AM Jun 30th from Tweetie

今、秋吉久美子の日活青春三部作の一作目、「赤ちょうちん」を観てるけど、イマイチ乗れない。三作目の「バージンブルース」は長門裕之の怪演もあって好きなんだけど。。。
12:00 AM Jun 30th from Tweetie

そこまで急ぎでレンタルしたいか。。。スポットレンタルに300円増しだとかなりのカネだし。なら、近くのTsutayaに行くのも手だしな。 http://tinyurl.com/m4lrtf
10:43 PM Jun 29th from Tweetie

Why? No Andy Griffith? You can’t win em all, but Rod Serling is here. http://tinyurl.com/lnyquy
10:39 PM Jun 29th from Tweetie

ACLでまた日本チーム同士が激突だなんて。。。9/23は休みだし、近いから見に行きたいな。 http://tinyurl.com/lr846k
7:03 PM Jun 29th from Tweetie

Rivera’s 500th save means Mets’ loss… Yet again, I won’t watch MLB.tv 2nite. You know, 3 nights in a row… Now, Hulu time!!!
6:44 PM Jun 29th from Tweetie

New NYTimes app is breezin’ fast on 3gs! It’s still so-so on 3g, but I won’t bother reading it on 3g, anyway.
6:40 PM Jun 29th from Tweetie

… This could most likely explain why the bar was green when 20% was hit. It went red but soon back to green for whatever unlogical.
6:08 PM Jun 29th from Tweetie

Showing the battery % in iPhone 3gs, I find the % sometimes goes up when it’s supposedly draining the battery. Wonder why…
6:04 PM Jun 29th from Tweetie

… Actually more than that. I’m SITTING in the train on my way back. In the rush hour, it’s practically a miracle!!! Great day so far.
5:58 PM Jun 29th from Tweetie

Getting out of work ON TIME!!! Giving me a smile on my way out. Hope this becomes a trend & everyday is like today 😉
5:56 PM Jun 29th from Tweetie

Now they’re limiting the best song nods… They broadened the best pic nods to 10 the other day. What’s up w/ Oscar!? http://bit.ly/2ElZCt
10:27 AM Jun 29th from Tweetie

It’s a hot day today!!! But I’m in the office!!!! Wish it were yesterday, tho. Rainy Sunday… Damn.
9:17 AM Jun 29th from Tweetie

No matter, w/o Gelaskin leaves tons of fingerprints so the back of my phone gets ugly…
8:46 AM Jun 29th from Tweetie

I had Gelaskin applied in the back of 3g, which felt good & smooth. But 3gs w/o it felt sticky hell. Maybe intentionally sticky? Grippy?
8:43 AM Jun 29th from Tweetie

@finerato 特に制限を設ける必要はないと思いますよ。ソフト的にも問題ないので。ちなみに、Twitter用に何か専用ソフトを入れるのがオススメです♪
8:18 AM Jun 29th from Tweetie in reply to finerato

Read Full Post »

hernandez_print_1608

このアートワークはなかなかカッコいい!

実は、クライテリオン(Criterion)っていうアートハウス系の映画をDVDでリリースしている会社が出した限定品。60年代のマルチェロ・マストロヤンニ主演のイタリア映画である「イタリア式離婚狂想曲」(Divorce – Italian Style)のパッケージアートから作り出したアートだ(詳細はココ)。

クライテリオンは、映画や映像のクオリティだけじゃなく、DVDのパッケージアートにかなり力を入れてる会社でもある。このオンラインカタログを見ても、他の会社のDVDと比べてどんだけ魅力的かが分かる(でも、値段は(アメリカでの価格設定としては)プレミアム的に高い)。そんな独特で魅力的なパッケージアートから出来たアートワークが(高いけど)手に入るなんて、メチャクチャそそられるな〜 🙂

ただし、クライテリオンは北米のDVDパブリッシャーとして、独自のオンラインストアの製品を北米圏外には輸出していない。なので、基本はクライテリオンのサイトではブラウズするしかないんだけど(もちろん、アマゾンでなら普通にDVDは買える)、DVD/Blu-ray以外であれば、今回のアートのように購入は可能なようだ。

オンラインストア経由ではなく、メールをクライテリオンの代表者に送り、何だかんだやるみたい。面倒だけど、全く買えないよりはいいかな? 🙂

Read Full Post »

かつて、映画には「活劇」なるものがあった。その代表的なものがチャンバラ。剣を片手に男同士が命をかけるシーンは、映画ファンならずとも血を踊らせるはず。一時「スター・ウォーズ」シリーズでも復権したこのジャンルであるが、近年は西部劇とともにほとんど見られなくなったのは残念だ。

ただ、カタログタイトルとしてDVDやBlu-rayでは未だ人気が強い。その最たるタイトルはもちろん「ロビン・フッドの冒険」(The Adventures of Robin Hood)。1938年製作の本作は、エロール・フリンをスターダムにのし上げただけではなく、数々の名シーンで観客を魅了した。

  • Split the arrow

当時のハリウッド映画は、フィルム・ノワール到来前で、勧善懲悪を強調する映画作りがなされていた。ロビン・フッドももちろんヒーロー。何の迷いも無く、ヒーローがヒーローたるべく行動を取り、最終的にハッピーエンドを迎える。そんなフェアリーテールがここにある。

そんなロビンは、アーチェリーの大会でも最高の腕を見せる。弓の使い手と言われたロビンはもちろん優勝を狙える立場にいるものの、その勝ちっぷりが恐ろしいほどドリーミング。

最後に2人に絞られた優勝争いで、相手の2本目の矢が的の真ん中を突き刺す。1本目で真ん中を射ていたとはいえ、その時に相手もほぼ真ん中を貫いており、ロビンが優勝するには2本目も真ん中を射るしか無い。すでに相手の矢が刺さってる状況でそれは可能か?

もちろん。

相手の矢を裂きつつ、ロビンの矢が的の真ん中を貫く。「split the arrow!」そんなフェアリーテール的なモメントが映画を取りまく。

  • Swashbuckling

しかし、「フェアリーテール=のどかな雰囲気」では必ずしも無い。凶悪な敵がいて、それがロビンまたはキング・リチャードの命を脅かす。マリアンもリチャードを助けようとしたことがバレて、牢獄に閉じ込められてしまう。

そこで出てくるのが勧善懲悪だ。悪だくみの武力軋轢には武力で対抗する。サー・ガイが憎きロビンを殺すべく剣を取り出せば、ロビンも一大クライマックスの中で決闘に応じる。全体的に緩やかな戦闘の中、この2人の剣劇には別格の迫力があり、真剣勝負が繰り広げられる。後の「怪傑ゾロ」(Mark of Zorro)における密室での激闘とは異なり、場の制約が無い分、2人は場所を移動しつつダイナミックに剣を交える。「怪傑ゾロ」でも敵役を演じた剣の達人バジル・ラズボーンに対し、運動神経抜群のエロール・フリンが負けじと剣を振る。この映画史に残る迫真のバトルは、サー・ガイがとどめを刺し損ねた瞬間にロビンの一突きによって終焉を迎える。何度観ても見事なシーンだ。

 

「ロビン・フッドの冒険」は、戦前のハリウッド映画がもたらした「」を体感させてくれる映画だ。テクニカラーで彩られた眩しいばかりのカラーの中、ヒーローが、ヒーローらしく伝説を作り、美女に恋に落ち、そして宿敵を叩く。今時の喧噪の中、このような「夢」を見させてくれる映画もいいのかもしれない。

Read Full Post »

以前から何度かUSアマゾンのセールについて書いてきたけど、まだまだある。

。。。何か、今年のセールは今までと比べても圧倒的で、Blu-rayの10作品で1万円ちょいで買えたり、たくさんの作品が50%オフだったり。現在の経済恐慌の中、いかにプロフィットを削ってでも購入意欲を湧かせようとさせるアマゾンの努力のたまものか。であれば、アマゾンジャパンでも同様のセールがあればウレシいんだけど。。。

アメリカでアートハウスの映画をクオリティDVDで販売することで有名なクライテリオンから100作品以上が大幅ディスカウントで販売中!ゴダールの「勝手にしやがれ」も、日本で現在出てるのと違ってPALスピードアップもないハイクオリティで発売されてるので、ぜひオススメ!ただ、ここ2年ぐらいに販売されたクライテリオン作品は全てリージョン1となってしまってるので、リージョン1対応のプレイヤーが必要(「勝手にしやがれ」も同様)。

これも驚異的!ボックスセットが最大60%オフになっている。ボックスセットだと送料もあまりかからないので、そういった意味でもオススメ。

個人的に特に注目なのが、

空飛ぶモンティ・パイソン:$53.99(16枚組)、$78.49(21枚組)
ブラック・アダー(「ミスター・ビーン」のロワン・アトキンソン主演):$57.49
メル・ブルックスBOX;$39.99(8枚組)
The Dick Van Dyke Show(ディック・バン・ダイク主演の傑作コメディ):$123.49
Ford at Fox(ジョン・フォード作品集):$184.49
トワイライト・ゾーン(コンプリートBOX):$151.49

他にも、

The Andy Griffith Show Complete Series:$99.99
アイ・ラブ・ルーシー Complete Series:$99.99

(上記でリージョンフリーなのは「モンティ・パイソン」と「The Dick Van Dyke Show」だけ)

僕的に、The Andy Griffith Show, I Love Lucy & The Twilight Zoneというのは3本指にそのまま入るぐらい好きなTVショーで、それらが全て大幅ディスカウントになってる。ちなみに、全てに関してシーズンごとにバラでDVDを買ってたんだけど、The Andy Griffith ShowI Love Lucy共にシーズン4にてマスタリングの失敗があって、修正されたものをどっちみち買い直さなきゃいけなかったんだよね(USに住んでれば無償で交換してもらえるんだけど。。。)。そういう中でコンプリートBOXが発売になり、それぞれでボックスオンリーのエクストラが付いてたりと、ファンにとっては憤りな出来事ではあったんだけど、ここまで安くなってくれるんだったら買い直すのもアリかな?そう思わせてくれるほどの衝撃な値引きだった。
(ちなみに、日本で発売されてるアイ・ラブ・ルーシーは、シーズン1で12474円(40%オフ)と、アメリカでの9シーズン分より高い)

get_smart_tv_boxあと、最後に、先日オーダーしたGet SmartのコンプリートBOXが届いた。すでにシーズン1はバラで買ってたんだけど、それと比べてもボックスは大きい。5シーズン分がボックスに入ってるはずなんだけど、手元にあるシーズン1のケースから考えると7,8シーズンぐらい入るボックスだったので、何でだろうと思い、開けてみると。。。

何と、エキストラ満載だった!!!

バラ売りのシーズン1は4枚組だったのが、ボックスに入ってる各シーズンは5枚組。5枚目はエキストラに充てられてて、インタビューやらドキュメンタリーやらが入ってた。これこそ、エキストラ削ってバラで出すのは罪だよね。知らずにバラで集めてたら、後々完全にショック受けてただろうし。

Read Full Post »

よくよく考えれば合理的だとしか思えない。でも、なかなか勇気のいる決断ではある。

2週間ほど前に書いたUSのBlu-rayについて。購入したディスク(「西部開拓史」と「暴力脱獄」)が届いたので観てみると、確かに日本語字幕が入ってるじゃないか!しかも、「暴力脱獄」(Cool Hand Luke)については日本語音声も入ってる。

ただし、「暴力脱獄」を観た限りだと、プレイヤーでBDの言語を日本語にしない限り、日本語は出てこなかった。なので、設定言語によって表示言語をコントロール出来るようだ。

とにかく、全世界で販売するBlu-rayディスク。国ごとにディスクを製作してたら工数がかかりすぎる。ならば、販売する予定の国の言語を前もって全て含んだディスクを製作しておき、それを元に各国で販売したほうがいいという結論に達したんだろか。特に、ワーナーはリージョンコードを付与しないことを初めから宣言しているし、あえてカタログタイトルをドメスティック(国内)専用に制作する必要は全くない。

ちなみに、残念ながら、今年の上半期までに出たようなタイトルには日本語は付いていないようで、「俺たちに明日はない」(Bonnie and Clyde)には日本語なし。8月発売の「ロビンフッドの冒険」(The Adventures of Robin Hood)にも日本語がないけど、これは大昔に発売したHD-DVD版をそのまま移植したためだと思われる。また、新作の「ゲット・スマート」(Get Smart)ももちろん日本語なしとなっている(その代わり、デジタルコピーというiPhone等で試聴出来るコピーと、DVDゲームが付いてくる)。

この流れでいくと、もうすぐ発売の「ショーシャンクの空に」(The Shawshank Redemption)も日本語が含まれる可能性はあるけど、どうだろか。
(と、期待はしつつも、このDVD Empireのパッケージのキャプチャーを見る限りは期待出来ないのかな〜)

Read Full Post »

Older Posts »