Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘travel’ Category

Glorious MMS & overseas

昨夜、ふとシャワー浴びながら思ったんだけど、iPhoneのメアドを完全にMMSにシフトしちゃうと、海外に行った時が大変だよね。

去年のリサーチ & 実体験から、iPhoneを海外で使用する際には、データローミングをオフにするのが一番イイという結論に達してた。もちろん、データ通信をオフにするわけだから、普段はメールチェックとかは出来ないわけだけど、カフェとかにある無線LAN環境なら問題ないし、さらに飛行機モードと違って通話は出来るため、去年はこれでいった。

でも、MMSの場合は通常のインターネットじゃぁメールを受信出来ないんだよね 😦 つまり、携帯メールを受信したければ海外のネットワークに繋ぐ必要があり、そこで送受信するのに1通あたり100円かかる。iPhoneの場合だと、一括送受信みたいな機能もないし、全文受信になるから、メール受けるだけでもヤバイくらいカネがかかる。しかも、チャット感覚でやりとりなんてしちゃったら、一瞬にして破産する 🙂

ま、海外でiPhoneを使ってのMMSはまだ未体験なので、実際は上記と全然違うなんてこともあり得るかもしれない。でも、今のところ対策として考えてるのは、単純にMMSのアドレスの他にGmail等のアドレスも知人に教えておくこと。そして、海外に行ったらデータローミングをオフにする。で、1日に1回ぐらいローミングを一瞬だけオンにして、MMS受信がないか確認。誰かからメールが来てたら、無線LAN経由でGmail等で返信する。なお、データローミングをオンにする際には、無線LAN環境なら他のデータ通信はローミング経由では行われないはずなので、無線LANで繋がってる環境ならなおさら良い。データローミングをオンにした途端、MobileMeやらが通信しまくってくれたらショックだしね 🙂

こんなやり方なら、MMSのメールチェックでデータローミングをオンにしても、1日100円程度で済むんじゃないかな。実際にやったわけじゃないので未確認ではあるんだけど。

今年は他の用事がちょこちょこと入ってたりして、まとまった休みが取れないかもしれない。そうなると海外旅行も厳しいかな~。でも、もし行けそうなら上記をテストしてみたい。

広告

Read Full Post »

From USA

今、アメリカで無料の無線LANスポットから書いてる。予定通り、Coffee Beansは無料のWifiを提供中!もっとも、コーヒーで2ドルほどかかってるけど(笑)

さっき読んだニュースに出てたけど、ソフトバンクが12月より国際ローミングのレートを変えるらしい。見てみたけど、アメリカの場合は電話は変わってない代わりにデータが値上げされてた。現状1KBで2円なのが、10KBで100円になり、追加は1KBごとに5円。つまり、メールのやりとりは最低でも100円かかることになり、かっなり痛い 😦 ホント、今後はデータローミングをオンに出来るのは緊急事態な時だけだなー。。。

あと、i.softbank.jpの画面上の知らせは海外でも有効!知らせが入る度に知り合いのPCでメールをチェックさせてもらってる。ただ、日本語は書けないから読むだけなんだけど 🙂 英語は書きまくりなので、昨日はもう一個のブログを更新しまくってた。

最後に、やっぱデータ通信を行わないとバッテリーの目減りは殆どない。丸一日で、3時間ぐらい使ってたのに残り90%だった。

Read Full Post »

Go on a Vacation with iPhone

実は、明日から夏休みでアメリカに行くこととなった。以前住んでたところに戻るので、「旅行」という感覚よりは「里帰り」的なもので新鮮味に欠けるのだけど、5年ぶりに戻るとあって、場所もさることながら、皆がどのように変わったか見るのも楽しみ♪

ただ、その反面で心配もある。あっちでどのようにiPhoneが使えるのか。。。

もちろん、国際ローミングで気兼ねなく使えれば一番いいのだけど、そんなことしたら一気に破産の道を歩みかねない。だからといって、10日間もまともに使えないのも気が遠くなる 🙂

そんな時に、いいタイミングで以下の記事を発見した。

iPhone発売当初から、海外で使用する際にはこうすればいい、ああすればいいといった投稿は目についたけど、実際に体験した人の記事ってなかなかなくて。

で、何をすべきかというと、

  • 国際ローミングをOFFにする(デフォルト)
  • 3GをOFFにする

がよさそう。3GをOFFにすると確かに電池の持ちがよさそうだし。ちなみに、家でテストをすると、日中でも飛行機モードにすると電池の持ちが著しくよくなることを発見!寝る時とかに飛行機モードにしとくといいかも。とりあえず、特に海外では、3GとWifiは使わない時にはOFFにしとくのがよさそう。

。。。ただし、それではメールが見れない。Wifiを使えばいいじゃん、という声が聞こえてきそうだけど、知人の家に泊めてもらう今回の旅では必ずしもWifiにありつけるとは限らない。Airport Expressのような無線LANのアクセスポイントを持って行くのも手だけど、そう簡単に設置させてもらえるのかも分からないし(そもそも、それを買わなきゃいけないし)。ということで、他のオプションを探してみた。

っていっても、基本的に2つしかないんだけど。

  • 無料の無線LANスポットを探す
  • メールするのが必要な時だけ国際ローミングをONにする

無料のスポットは、以下のサイトで確認出来た。

何と、Apple Storeも無料の無線LANがあるんだね!っていっても、Apple Store内でiPhone使って落ち着いてメール書いたり出来なさそうだけど 🙂 少なくとも、Coffee Beansが(スタバと違い)無料でアクセスさせてくれるらしいので、コーヒーがてらメールはチェック出来そう。

で、もう一つのオプションなのだけど。。。現在のメールの設定は、携帯用としてGmailを使い、自宅用として.Macのを使っている。で、Gmailのメールをi.softbank.jpに転送させて、SMS経由で通知させている。このやり方だと、海外にいてもGmailにメールが届けばSMSで通知してくれるはずで、その段階で一瞬だけ国際ローミングをONにする。それでいけるかな?メールの返事をする時も、一瞬だけONにして、さっと送ってまたOFFにする。アメリカ(AT&T)だとデータ通信1KBで2円だから、よほどのことがない限りはSMSを送るよりは安上がりになるはず(ヘッダー情報とかあるけど、単純計算で英文1000文字で2円だからね)。SMS1通100円は塵も積もれば。。。で高い(ほんの数通送るだけだったらいいけど)。

あと、忘れちゃいけないのが、.Macのアカウントを無効にしとくこと。こっちにはメールが結構来るので、有効にしとくと国際ローミングをONにしてMailを開けた途端にとんでもない量のデータをやりとりしそう。基本的に緊急なのはGmailに来るはずなので、これは無効にしとこう(または、無線LANスポットでのみ有効にするのも手)。

と、メールについては何とかまとまったものの、次は電話のかけ方。海外出張とかいっぱいしてる方には当たり前のことかもしれないけど、いまだ海外で自分の携帯使って電話をかけたことがない。実は携帯を持って行くこと自体はこれが3回目だけど、残り2回はホテルの電話&メールで問題なく乗り切ってたしなー。ただ、今回は知り合いのところに行く関係上、空港に着いていきなり電話をする必要性がある 😦

というわけで調べてみると、以下にかけ方が載ってた。

まぁ、本当に当たり前なんだろうけど。ただ、iPhone(というかSoftbank)は国際アシストに対応していないようで、例えば日本に電話する際には自分で「+81〜」という番号を打たなければいけない。

で、さっき練習で、必死に「+81」を打とうとしたんだけど、どうも長押ししてもダブルタップしても反応しない。iPhoneじゃ「+」を入れられないんじゃないか、とも思い始めた矢先に最初のリンクを見てみると、ちゃんと「+813」と入ってるじゃないか!じゃあ何が悪かったんだということで、もうちょっとカチャカチャやってると、「0」の長押しでいけました(「0」の下に密かに「+」が書かれてるので)。てっきり、「発信」の隣の「+」だと思ってて、無駄なことをしてしまってた。。。

と、とりあえずiPhoneは使えるメドがたったのでヨカッタ♪明日からひとっ飛び行ってきます!

追記:
スタバでは2時間$3.99でWifiが使えるらしい。もしスタバカードを持っていて毎月1回以上使えば、毎日2時間無料らしいんだけど。。。

Read Full Post »