Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘GTD’ Category

それにしても、最近は支出が多い。飲みもそうだけど、それ以上に買い物。衣服は年始のセールまで我慢するとして、アマゾンのDVD/Blu-rayしかり、Mac用ソフトもしかり。アマゾンは年末セールだからしょうがないとして、Mac用ソフトは先月からのProductivity System構築で色々と試してたソフトがほぼ同時に期限切れになったため、一気に買わざるを得なくなった。先日MacJournalとMontageを買ったことを書いたけど、それだけじゃなくWriteRoomEagleFilerも(Togetherから最終的に乗り換えた)。で、昨日はさらに2本のソフトを購入。

  • OmniFocus & OmniOutliner Pro

正直、OmniOutlinerは全く使ってない。じゃあ何で買ったかというと、OmniFocusを買う際にOmniOutliner Proユーザーだと$20オフになるため。実は僕のiMacには元々OmniOutliner 3がバンドルされていた。そこからProにアップグレードするには$29.95かかる。つまり、OmniFocusのみ買うよりもOmniOutliner Pro経由で買ったほうが、結果的にOmniOutliner Proをたった$9.95で手に入れられるということになる。

でもそれだけじゃない。Proライセンスを購入することで、将来的にこのiMacからオサラバした場合でもそのまま新しいマシンでも使えるようになる。今のMacバンドルのライセンスだと、そのマシンでしか使えないからね。そういった意味でも、将来的なことを考えるとかなり有益だ。

そんなわけで、iMacに知らずにOmniOutlinerが眠ってる方は、このような機会があったらProにしてあげるのもいいかも♪

広告

Read Full Post »

ここ2日続けて書いたiPhoneアプリのセールネタBlack Fridayにアプローチするにつれていよいよ本格化してきた感じで、ますます興味深いタイトルがイッパイ!

ってことで、またまた懲りずにリストしてみようと思う。

。。。その前に。今全世界で金融恐慌に陥ってるわけだけど、そんなこと言ってもホリデーシーズンは楽しみたい!!!じゃあどうするか。カネを節約したければ、安いモノを買うのにこしたことはない!!!!そんな時にiPhone/iPod Touchアプリは最強で、それなりのクオリティのアプリが100円程度で提供されるんだから、このチャンスを逃す手は無い。買って買いまくって、遊んで遊びまくる。100円のアプリを10個買っても1000円。無駄に高いもの買うよりも、このほうが断然経済的。そんなわけで、カネを使いまくろう♪

では、リスト開始!

以前サッカースコアのアプリであるMy Footballを紹介したけど、その直後に買ってたアプリがコレ。My Footballは誰が得点し、イエローカードをもらったかとかいうベーシックな情報しか提供してくれないけど、こっちのアプリは(高いだけあって)詳細なマッチコメンタリーを提供してくれる。モノとしては、スポーツナビで日本代表戦の経過をライブで追うのと同じ。それがリーガ・エスパニョーラに変わっただけ。

また、それに加えて、試合のStatsやフォーメーションも確認出来るので、本格的なサッカー好きはこっちのほうが断然いい♪

あと、個人的に好きなのは、得点が入るとビープで知らせてくれること。ちょっとよそ見してても、ビーって鳴ったら試合に動きがあったことが分かる。その辺もナカナカの心遣いだと思う。

ただ、残念なのは、端末がスタンバイになると、アプリもネットとの接続を止めてしまうので、試合があるうちは端末を付け続けないと揺れてくれない 😦 もちろん、スタンバイを解除して、画面をリフレッシュしてあげれば、そこまでの試合経過は確認出来るので、得点通知にこだわらなきゃ大した問題じゃぁない。

というわけで、僕的にはMy Footballよりも必須なアプリになったわけだけど(週末に夜更かしした時は 🙂 )、リーガのアプリの出来次第ではプレミアリーグのも買うつもりだった。で、買おうと思った矢先に、タイミング悪く一気に値上げされちゃったんだよね。当時350円だったのが600円に。さすがに1リーグに600円も払う気になれず、安くなる日を待ち続けていたら、その日が今日やってきた!何と、リーガだけじゃなく、このシリーズの全てが115円に(3日間オンリー)!!!この値段なら、5個買っても前のプレミアの値段より安かったりして 😉 ちなみに、これを書きつつ、プレミアとセリエAを購入済み♪

このアプリについては以前に書いたけど、それ以降も幾つかフィルターが追加され、どんどん改良されていった。ちなみに、このセールは本日限り(アメリカ時間で金曜のみ)。

ただ、このアプリの解説をApp Storeで読むと、どうもiPhone 2.2で写真についてバグがあるらしく、800×600や1200×800のサイズで保存されたイメージはちゃんと表示されないらしい。そのため、今日出たアップデートで変則的に802×600やらのサイズでアウトプットする暫定対処が施されたそうだ。
(ちなみに、Old Cameraっていうアプリでも同じような暫定対処を施してる)

でも、僕的には画像比率はしっかりと守りたい派だから、この変則はウレシくないなー。ま、作品としてアウトプットせず、ただ単純に遊ぶ分には問題ないかな。

頭に浮かんだことをすぐに吐き出すことをjot downというけど(主にGTDで使われる言葉)、それを実現/管理するためのアプリがコレ。ToDoリストとしても使え、さらにジャーナル的に思い浮かんだことをパパッと書き残すことも出来る。

僕的には、このジャーナル的な使い方が出来るかなと思ってて昔から目は付けてたんだけど、UIが実にToDo的で、ジャーナルには向かないかなと勝手に判断。結局買わずじまいで終わった(その代わり、WriteRoomで日時を題名にしてジャーナル代わりに使ってる)。App Storeのレビューを読むと、過去のエントリーは「Now」にまとめられてしまうそうなので、やっぱりジャーナル向きではないなって思う 😦
(もちろん、それ目的で使うことは可能だろうけど)

 

。。。ということで、以上♪

Read Full Post »

TaskPaperのiPhone版の開発がもうすぐ始動するようだ。TaskPaper(& WriteRoom)のフォーラムでは何度も「TaskPaper(Desktop版)が完成したら次はiPhone版だ」って言ってたので、それがもうすぐ実現されることになる。

TaskPaperの場合、前にも書いた通りテキストファイルに書かれた「タグ」(ルール)をソフトが解釈し、表示させるというシンプルなものなので、あえて編集には専用のアプリがなくても何とかなる(WriteRoomとかTextGuruとか)。でも、タスクがたくさん増えた場合にテキストだと扱いにくくなるし(全てのタスクを1つのテキストファイルで管理するため、どんどん肥大化するので)、ソートや検索機能がないと非常に管理しずらくなる。そういった意味で、専用のアプリが出ることは非常にウレシイ♪

また、最初のリンクに書かれているように、TaskPaperWriteRoomのiPhone版は共に同じコードを共有しあうものになるため、TaskPaperが開発されるにつれ、WriteRoomもアップデートされていくことになる(元々、iPhone用TaskPaperの開発が途中でWriteRoomに切り替わったという裏話もある)。過去のフォーラムからすると、共にデスクトップ版との同期機能を目指してるということなので、その完成具合によってはProductivityのシステムを再考する必要が出てくるかもしれない。

僕は、今はiPhoneではOmniFocusを使ってる。デスクトップ版はまだ未決定(とりあえず、TaskPaperは1ヶ月ぐらい前にちょっとかじり、さらに昨日OmniFocusをダウンロードしてみた)。TaskPaperも安いうちに買っとくべきだけど、iPhoneでOmniFocusを使うんだったらMacでも使うべきだしで。なかなか悩ましい 🙂

Read Full Post »

まず、OmniFocus for iPhone昨日のエントリーOmniFocusが起動しなくなったって書いたけど、予想通りあっさり復旧完了♪

方法:

  1. Mac(PC)に繋げる前に、iPhone上でOmniFocusを削除(OmniFocusのアイコンを長押しし、アイコンが揺れ始めたら左上の「X」をタップ)
  2. Macに繋げ、iTunesと同期を取る
  3. 直後に「Applications」タブよりOmniFocusにチェックを入れ、再度同期を取る(iPhoneへ再インストール)
  4. iPhoneでOmniFocusを起動し、MobileMeとの同期を設定する

これだけで、元に戻った。
(もちろん、今回の死亡の原因ではないかと思われるデータはバックアップされてなかったので消えたまま♪)

MobileMeなどのサーバーと同期を取ってなかったら、iTunesに取ってあったバックアップから戻すことになってたので面倒だったところ。こっちのバックアップだと、iPhone全体をバックアップ採取時に戻しちゃうからね。

そう考えると、ToDoアプリに関して言えば、自動的に同期を取ってくれるOmniFocusToodledoなんかはオススメなのかもしれないな。OmniFocusはデータの更新があるたびに同期を取るし、Toodledoの場合は起動&停止時に同期を取ってくれる。AppigoのToDoは、今のところ起動時にしか自動で同期が出来ない(停止時の同期については検討中らしい)。

Read Full Post »

TaskPaper 2.0 coming soon!

これによると、TaskPaperの2.0は11/24に出るようだ。しかも、現在のIntroductory Price($18.95)から一気に上がって$29.95になるらしい。

TaskPaperは、WriteRoomの開発者が作ったもう一つのソフトで、Mac用の非常にシンプルなToDoリストマネージャー。基本的に、テキスト内に記された「タグ」(記入ルール)をソフト側で解釈し、結果を表示するだけなので、編集自体はテキストエディターでも可能。それでいて、検索やらフィルター機能やらが強力で、テキストファイルいっぱいに記載されたタスクを簡単にマネージ出来る。

ものとしてはfeature richなOmniFocusとは全く方向性が違うけど、WriteRoomと同じくシンプルで使いやすいものを求めるユーザーには支持される。僕もトライアルで使って気に入ったけど、それでいてOmniFocusのパワフルさにも魅力を感じ、今はOmniFocusを使ってる。とはいえ、まだMac版は試してなくて、このMac版が80ドルぐらいすることを考えると、TaskPaperもコスト的に魅力かな?

ちなみに、現在はiPhone版は出てないけど、このTaskPaper 2.0の完成をもって、iPhoneアプリにも取りかかっていくようだ。とりあえず、Mac版のTaskPaperを買うんだったら、11/23までがオススメかも♪

 

Update: TaskPaperの2.0が11/24に予定通り登場し、価格も$29.95と大幅に値上がりした。ただ、サイトにあるスクリーンキャストを観ると$5.00オフのクーポンがもらえるので、結果的には$24.95ってことかな。
(他にも、iPhone版のWriteRoomを買ってもクーポンをもらえる)

Read Full Post »

My OmniFocus is dead! (for now)

何と、最近愛用してるiPhone版OmniFocusが今朝突然起動しなくなった。途中まで起動し、ドキュメントを開く段階で落ちるので、明らかにドキュメントが壊れたっぽい

最初に落ちたタイミングは、起動時にタスクのエントリーを入力し、保存した段階。保存するまでは、ドキュメントをロードした後も裏で生きてたっぽいので、このエントリーに落ちがあるとしか考えられない(書いた内容とか 🙂 )。

とりあえず、MobileMe上にバックアップはあるので復旧はすると思うけど、しなかったら考え物だな~。ま、どうなるかは乞うご期待ってことで♪
(何事も前向きに 🙂 )

Read Full Post »

Eureka & OmniFocus updated! (iPhone)

先日紹介したiPhone用のWikipediaビューワーであるEurekaのアップデートが本日登場した(1.1)。何と、このアップデートで前回書いた不具合2つが見事に修正されてた!
(翻訳とロテートした際のツールバーの位置)

メチャクチャ早い修正だったな。。。てか、たぶん発売される前に不具合を発見してて、すでに修正バージョンを提出してたのかもね 🙂 いずれにせよ、これで日本語への翻訳も出来るようになったので、知識の幅がかなり広がるんじゃないかな?

とりあえず、元のエントリーは、これをもって若干修正予定♪

あと、アップデートと言えば、OmniFocusもアップデートされた(1.1.2)。これ、タスクを追加した時に時々画面が真っ白になることがあったんだけど、それが修正されたらしい。まだ修正されてからそこまで使い込んでないけど、今のところはそれも再発してないし、とりあえずOKかな?

Read Full Post »

Older Posts »