Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2008年12月月4日

Space Monkeyの矛盾については、以前のエントリーで書いた通り。なぜ、以前カネを出して買ったにもかかわらず、その同じゲームで広告を見なきゃいけないのか(しかも無料にまでなって。。。)。僕の場合、期間限定で(無広告時代に)無料になった時に落としただけなので、個人的にイガミとかはないけど、そういう気持ちはスゴく分かる。僕もExposure PremiumっていうFlickr viewerのアドフリーバージョンを以前買ったけど、もしこれがアド付きの無料バージョンに統合されたとしたら。。。絶対に怒るな 🙂

とにかく、以下が既購入者の怒りに対するデベロッパーのコメント:

<***NOTE TO USERS: We have heard your feedback loud and clear and we sincerely apologize for causing you any distress over the in-game ads in Space Monkey. When the monkey started screaming and throwing junk at us, we knew we had to get the cosmos back in order. For our existing customers who have previously bought the game or tried the free version, we will be removing the ads and updating Space Monkey with all the new features. We hope you will continue to provide feedback and enjoy future games from Glu. ***>

「以前買ったか、またはフリーバージョンをトライした客に対しては広告を取り除く」と書いてある。たぶん、僕もこの「フリーバージョンをトライした客」に入ってるんだと思う(実際にプレイしたかは別として 🙂 )。でも、同じアプリで既購入者と新規ダウンロード者を区別出来るワケないと思うんで、アド付き用に新たにアプリを用意し、こっちに関してはアドなしで値段を上げるんじゃないかな?ま、どうなるかはそのうち分かるんで、乞うご期待って感じかな♪
(でも、もし後にアド付き無料バージョンを別に出すんだったら、こっちを今のうちに落としといたほうがいいっていうことになる(そうすれば無料でアドなしにアップデートされるので)。。。ま、ホントにどうなるのかは分からないので、現状は意味の無い推測でしか無いけどね 🙂 )

広告

Read Full Post »

今日、新たに2つのノートアプリがリリースされた。

  • Notes+(メモ+)(230円)
  • Notebooks(450円)

まぁどれもこれも似たような名前だこと!
。。。というのはさておき、僕個人としてはNotebooksは(解説を読む限りは)最強のノートアプリのように思えた(だから即決して買った)。

。。。と、Notebooksに行く前に、まずはNotes+(メモ+)について。特徴はノートにロックをかけられること、さらにカテゴリー分けやインクリメンタルサーチが出来ることなど。個別のノートにロックをかけられる機能ってのはあったらあったでウレシイけど、僕的にパスワードは1passwordで管理してることもあるし、必ずしも必須ではないかな?
(日々書いてるジャーナルもロックをかけるほどの大した内容じゃないし)
でも、この機能を重宝する人は必ずいるはずだし、それでこの値段は全然悪くないと思う。

 

さてさて、次にNotebooks。このホームページのヘルプページに使い方の詳細が書かれてるんだけど、これを読んでるとホントにイカしてるとしか思えない!そういうわけで、さっそく買ってしまった 🙂

まず気に入ったのが、Bonjour経由で同期を取れること。ただし、インポートオンリーで、エクスポートするにはメールで送るしかない(ただ、複数のノートを送る時にマージして送ることも可能)。SyncDocsっていうデスクトップ用のアプリを経由してインポートするらしいけど、これを使うことでMacJournalで書き溜めたジャーナルをエクスポートしたら、そのままインポート出来るんじゃないかって期待感が♪
(ま、やってみなきゃ分からないけど)

次はUI。noteskinery+のようにフォルダーの階層化に対応してるだけじゃなく、ノートの移動も思いのまま。さらにブラウニッシュな見かけもカッコいい!

最後に、実はこの次のが一番気に入ってる機能なんだけど、クイックノート作成時に自動的に入る題名が「QN: 日時」っていう形式になってて、まさしくジャーナル作成にはもってこいの題名であること!!!ジャーナルを書く時って、書き終わった時間や後に編集した時間よりも書き初めの時間が大事で、だからMacJournalJournlerでもエントリーを作る段階(まだ文を書き始める前の段階)で自動的に作成日付が入るようになってるんだよね。今までのiPhoneアプリでは作成日付を自動入力出来るのは見たことがなかったので、ここでも書いたように、仕方なしにWriteRoomで「200812042147」とかいう題名を付けてジャーナルを書いてた。そうすれば、MacJournalにインポートする際に題名に合わせて作成日付を変更してあげればいい。ただ、この数字の直打ちは結構面倒で、何か頭に浮かんでそれを書きたい時に、まず「今日は何日だっけ」とか考えなきゃいけなくて、jot down用にはちょっと無理があった。そういうこともあって、この日時自動入力は待望の機能だぁ!!!

ま、とりあえずはこんなところで 🙂 Notebooksについては、また使ってみてからエントリーを書く予定♪

Read Full Post »

怖いことに、小泉容疑者が精神鑑定にかけられる予定という。もし心神喪失と判定されれば責任能力なしで、罪に問われないのかもしれない。

確かに「犬の仇」という部分は異常さを感じさせるところもあるけど、周到に計画して実行に移す部分は責任能力が充分にある証拠だろう。なので時間とカネの無駄にしか思えないけど、それよりも責任能力がないと万が一判断されたら。。。

かつてのテレビドラマに「怪奇大作戦」というのがあった。因みに先日亡くなった高野宏一さんも関わったこの特撮ドラマ、子供向けを謳いながら社会派バリバリの内容だったがために、たった26話で終末。でも、おかげでほとんどのエピソードのクオリティが高く、未だ熱烈なファンが多い。

僕としては最近「発見」したこのドラマだけど、実は26話の中で1話だけ欠番がある。第24話の「狂鬼人間」というエピソードで、心神喪失を題材にしてる。ただ、本当の心神喪失者の話ではなく、殺人を犯させるための一時的な精神錯乱を手助けする女性とその復讐の話。精神錯乱状態では、殺人を犯しても憲法第39条によって責任能力は問われず、正気に戻った時に釈放されてしまう。法を逆手に取った問題作だ。
(問題作だからこそ欠番になってしまったという向きもある)

ただ、このWikipediaにも記載があるけど、現状では責任能力無しと認められるケースはほぼ皆無とのこと。なので杞憂に過ぎないとは思うけど。。。

Read Full Post »

先日、MazoっていうAmazon用のアプリを「リジェクト」したばっかのAmazonが、さっそくオフィシャルアプリを提供した。これでSafari経由じゃなくAmazonサイトをブラウズ出来るようになったんだけど。。。

とりあえずはUSオンリーっぽい(amazon.com)。日本のApp Storeにもダウンロードリンクは無し。ま、ホントはマルチなアカウントを管理出来れば良かったんだけど、とりあえずはスタートってことで♪僕もダウンロードしたんで、今度遊んでみます!

Read Full Post »

個人的には気になるこのニュース。パラマウントがユニバーサルに続いて大阪にテーマパークを作る可能性を示唆しているんだけど(Great America?)、ポイントはエキスポランドの土地を再利用する計画ということ。

エキスポランドは、記憶にある限りでは行ったことないので、全く感傷に浸るべきじゃないけど、単純に岡本太郎の太陽の塔と隣り合わせだってだけで「いつか行ってみたい」って思ってた場所。それが、エキスポランドの終了をもって、淡い思いも途絶えた。

そもそも、万博公園って、家の近くの緑地と非常に似通ってる気がする。まず、遊園地の閉鎖。うちの近くにあったのも、僕が引っ越してくるだいぶ前に閉鎖されてしまった。あと、公園内に日本庭園があること。そして、岡本太郎の塔があること。。。

岡本太郎にパラマウントって、何とも似つかわしくないけど、少なくともそのようなもので有効活用されるんだったらウレシイ限りじゃないかな(跡地をそのまま残しとくわけにもいかないだろうしで)。あと、太陽の塔は老朽化しつつも残る予定だっていうのもウレシイ!エキスポランドが無くとも、それだけでも訪れる価値は絶対あるな♪

Read Full Post »